mood|oblique

clocken.exblog.jp ブログトップ

最近のコンピュータ関係のトラブルを2つ挙げよ

と言われれば、まずはExcel 2004 for Macを終了するときに、
非表示モジュール AutoExec 内でコンパイル エラーが発生しました

というエラー・メッセージが出るようになってしまったことを挙げたい。
早速Microsoftのサポートオンラインで検索したところ、次の条件を満たす場合にこのエラーが発生するという。
 ・Excel 2004 のバージョンが SP1(Version 11.1)である
 ・Adobe Acrobat 6.0(Version 6.0.2)がインストールされている
ヴァージョンが細かく指定されていると、なんだか限定された症状のように思えてしまうけれど、これは両方とも最新版である。Mac OS Xユーザーは新しいもの好きだから、ExcelとAcrobatの両方をインストールしている人はほとんどこの症状が起きているんじゃないかな。

Microsoftで調査中というが、まだ問題が認識されたばかりだから、しばらくはどうにもならないだろう。
とりあえずAdobe Acrobatのアドインを捨てれば症状は治まるのだけれど、Acrobat Professional を起動すると削除されたプラグインやアドインがぬかりなく補充されるのであった。

よって未解決。

次は、職場のNECのパソコンで、Windows XP SP2にアップデートしたときのエラー・メッセージ。
ReadSctService.exeはエラーが発生し閉じられる必要がありました

なんか変な文章。
いつも思うのだけれど、コンピュータが出すメッセージって、主体がバラバラではないかと。最近のコンピュータはかなりインテリジェントなのだから、自分(たとえばWindows)が主体になればいいんじゃないか? 普通に「(私は)ReadSctService.exeを開けなかったので、終了させました」と書けばいいのに。
その点Macもシステム終了するときに「コンピュータを今すぐ終了してもよろしいですか?」と、何かよそよそしい。通訳や家来(「よい、直答を許す」とかね)が間に入っているような距離感を感じる。“コンピュータを”の語がなければ、アルバイトが早く帰りたいって言っているみたいでいいのにね。

おっと、かなり話がそれた。
ReadSctServiceというのを物知りなGoogleさんに訊いてみると、さすが、0.27秒で答えが返ってきた。
NECのパソコンにインストールされている使用開始日表示ユーティリティがSP2に対応していないことが原因だという。
とっくにSP2対応のものが配布されているので、これを使い続けたい人(?)はそれをインストールすればいいのである。

このユーティリティは、製品の使用開始日を確認するためにインストールされているらしいのであるが、削除することはできない。NECのサイト121ware.comによれば、
使用開始日の日付けは、何に(何の為)につかうのですか

 製品の使用開始日をお客様に確認して頂く際に使用します。   
 また、故障発生時、何日位お使いいただいて故障したのか等、次の新商品開発のための貴重な信頼性品質のデータとして活用します。

これって立派なスパイウェアではないか?
というわけで、ELECTRIC DOC.のe-doc.さんの助言に従い、管理ツールで無効にした。

解決。
[PR]
by clocken | 2004-10-22 23:39 | computer
line

思考の空転するままに書くことができたら。


by clocken
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31