mood|oblique

clocken.exblog.jp ブログトップ

The Mouse が届いた

 最後の望みをかけた MacMiceの The Mouse が、ネーミングは不満ながら届いた。
 注文したのが土曜日の夜だったから、到着まで実質1日という速さ。こういう対応だと、製品に対する印象も悪くなろうはずがない。
 2ボタンマウスを自分のために買うのもこれが最後かもしれないということで、せっかくだから箱あけの儀式(簡略版)でもやろう。

a0035543_13302.jpg
 箱を開けて取り出したところ。


 さて、儀式も終了したところで、The Mouse がどのくらいApple Pro Mouseをパ・・・に似ているかをチェックしてみよう。
a0035543_14547.jpg 左からPro Mouse (White)、The Mouse、Wireless Mouse。こうやって較べてみるとそんなには似ていないかもしれない。The Mouseは突き出しピンが2つ出ていて、真ん中にスクロール・ホイールが付いているせいでなんとなくコアラのような顔が見える。


a0035543_144220.jpg ひっくり返してみる。並び順は同じ。
 うーん、やっぱりそれほど似てはいない。どちらかというとパチ・・・いや、雰囲気だけ似せたという感じかな。


 手に持つと、Appleのものより大きい感じがする。一回り、というほどではなくて「少し太った?」というくらいの違い。ただ、少し好みよりも軽い。Wireless Mouseの重さに慣れてしまっているので、動かしたときの感じが頼りない。
 クリック感も少々難があるかな。Appleのものは「カチッ」と「俺は間違いなくクリックしたぜ!」というような小気味よい反応があるのだが、The Mouse のは左クリックが「ちけっ ちけっ」、右クリックが「くけっ くけっ」という脱力するような音がする。Appleの構造的に全体が沈み込むクリックと違い、プラスティックの素材自体の柔軟性を利用したボタンだからしかたがないのかもしれないけれど。

 さて、明日は実際に仕事で使ってみるのだ。

 全然関係ないけれど、画像をexblogにアップロードするときに、拡張子が大文字で「JPG」だとJPEGだと認識してくれない。いちいち直さなくちゃいけなくて不便だ。
[PR]
by clocken | 2004-11-16 01:09 | computer
line

思考の空転するままに書くことができたら。


by clocken
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31