mood|oblique

clocken.exblog.jp ブログトップ

「パソコンを覚える」大変さが少し分かったよ

 さて、実際に The Mouse を仕事で使ってみた。
 接続して最初のクリックで「むう…」という感じ。早くも心に暗雲が立ちこめる。
 問題点を具体的に言うと、次のとおり。

・左クリック・ボタンが固い
・滑り具合があまりよくない。これはマウス・パッドと相性が悪いだけかもしれないので、自宅で使っているものを持ってきて試してみようと思う
・スクロール・ホイールの動きにややムラがある。動きがなめらかでない

 スクロール・ホイールについては、まだ最適なスクロール速度設定値を見つけ出していないせいもある。そうは言っても、実際に仕事で使うなかで、行きすぎたり戻りすぎたりを繰り返すのはかなりのストレスだ。仕方なく設定値を小さめにして今のところは我慢しているけれど、遅かれ早かれ腹が立ってくるのは確実であろう。

 しかし、ほんとうに困るのは左クリック・ボタンが固いことだ。右クリックも固いことは固いのだけれど、ぼくは右クリックはあんまり使わないし、力強い中指で押すボタンだからそれほど気にならない。しかし左クリックは敏感で繊細な人差し指で押すし、かなり頻繁に使うから困る。押し方が悪いのか、今日一日で指の第2関節が少し痛み出した。痛いというより、違和感があるという感じである。
 いままで指全体で手の重みを利用してクリックしていたのが、人差し指の上下運動だけでボタンを押すようになったのだから、そりゃ負担の大きさが違うはずだ。

 The Mouse はAppleのワンボタン・マウスと同じような形をしている。これも良くないのかもしれない。ワンボタンと2ボタンは押し方が違うと自分でしつこいくらい力説しているのに、見た目に囚われて2ボタン向きでない形のものを選んでしまったことになる。コアラの罠、とでも呼ぶべきであろうか。しかしじっと見ているとプラナリアのようにも見えてくる。

 それにしてもクリックが固いとコンピュータを使うことがこんなに苦痛になるとは思わなかった。ダブル・クリックをしなければいけないシーンに出会うと、思わずすべてを投げ出してしまいたくなる。老人がコンピュータ操作を覚えるときの最初の難関がダブル・クリックだと聞いたことがあるけれど、まさしくそういう状況なのだ。

 墓場行きという結論は今日は避けることにする。自分が悲しすぎるからだ。
 でも、恐らくこのマウスのワイアレス版は買わないだろう。たぶんね。

 余談。墓場で眠っていたELECOMのM-D3URWHは、揺り起こされて同僚(パートタイム)のオヤジにもらわれていった。マウスが羨ましくないと感じるのもまた希少な体験と言えよう。
 このオヤジも面白い人間なので、機会があればここで紹介する。
[PR]
by clocken | 2004-11-16 23:40 | computer
line

思考の空転するままに書くことができたら。


by clocken
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31