mood|oblique

clocken.exblog.jp ブログトップ

AQUAZONEのMac版が開発再開されたというけれど

 AQUAZONEのMac版がものすごく久しぶりに開発されるらしい。
 (→“Macintoshユーザーの皆様”)
 現時点ではまだ発売予定ですらないので、ほんとうに出るかどうかも分からないけれど、とりあえず開発開始は喜んでおこう。
 今回の開発は「水中庭園」という、餌やりと水槽つつきしかできないシリーズに限定されている。まあ、ないよりはマシだし、ぼくは魚の飼育にはさほど興味がないからそれはそれでいい。しかし、その「水中庭園」をサイトで調べていてふと考えたことがある。

「水中庭園」には、「マンボウとウミガメ」「ナンヨウハギ」「シーラカンス」など、15種類ほどのシリーズがある。これが全部ちゃんと出されるだろうか? 今までのcinomixの対応から考えて、売れそうなものを2つ3つ出すことでお茶をにごされる可能性は非常に高い。いや、単品しか出ない可能性すらある。Windows用のものはほとんどが2,000円前後で魚が2〜3種というものだけれど、こういう売り方では(Macユーザーは数が少ないから)元が取れないとばかり、1万円前後で魚が10種というようなものになるんじゃないか。
「シーラカンス」はキンメダイとオウムガイも入っていてとても心惹かれるのだが、非常にマニアックなものだけに入らない可能性がある。

a0035543_2193277.jpg

「シーラカンス」

 こう疑い深くなるのも、cinomixがサイトに掲載していた謝罪文のせいである(現在は削除されている)。以前「3Dマリンアクアリウム」について書いたときに、「事情が許せばMacintosh版『アクアゾーン2』を開発したいと考えております」という部分をこき下ろしたのだけれど、今回の告知文ではまた性懲りもなく「シミュレーションエンジンを乗せて(原文ママ)Macintosh版『AX』を発売できるのもそう遠くはないと考えております」などと書いている。

 だ・か・ら! できもしないことを言うんじゃありません。
[PR]
by clocken | 2004-11-28 02:22 | computer
line

思考の空転するままに書くことができたら。


by clocken
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31