mood|oblique

clocken.exblog.jp ブログトップ

深夜のくだらな過ぎる投稿(思考力低下中)

 以前からちょっとやってみたかった悪戯が、Windows UpdateにMacから接続してみることだった。
 なんの意味もないけれど、どんな反応が返ってくるのか試してみたかったのだ。
 さて、Safariを使ってURLを入力し、実際に接続してみた。

図1
a0035543_516271.jpg

Windows Update を使用するには、Microsoft Windows オペレーティング システムを実行していなければなりません。

 なんだかひどく冷たく拒絶されてしまった。
 当然といえば当然だけれど、もう少しユーモアというか、余裕のある言い方ができないものか。

 そこで、今度は攻め方を変えて、Windowsの上でFirefoxを使って接続してみる。

図2
a0035543_5182866.jpg

Windows Update を使用するには、Internet Explorer 5 以降のバージョンが必要です。
Internet Explorer の最新バージョンをダウンロードします

 またまた素っ気ない答え(図2のスクリーン・ショットは便宜上Macの画面で取り込んであります)。Windows オペレーティング システムとInternet Explorerはすごく緊密に作られているらしいものねえ。でも、Firefoxを標準ブラウザにしている人も増えているらしいから、それでは不便だろう。
 下の方に別のブラウザを使う場合はMicrosoft ダウンロード センターへ行けと書いてあるので、リンクをクリックする。
 すると、なぜかアドレスバーには「displaylang=en」と表示され、英語表記のDownload Centerへと飛ばされてしまう。
 これはやはり、Windowsを使う人は素直にInternet Explorerを使いなさいということなんだろうなあ。やれやれ。
[PR]
by clocken | 2005-05-01 05:23 | computer
line

思考の空転するままに書くことができたら。


by clocken
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31