mood|oblique

clocken.exblog.jp ブログトップ

タダほど難しいものはない

a0035543_22554017.jpg OCNのBフレッツはかなり苦戦していると聞くけれど、そんな状況を打ち破ってくれそうな強力な助っ人が現れた。

 ソーテックは13日、NTTグループが運営する光ファイバーを使ったインターネット接続サービス「OCN光Bフレッツ」への加入を条件に、最新パソコンを無料で提供する「タダパソ」を始めた。(毎日新聞05.06.14朝刊)

 ぼくはWindows搭載マシンにはまったく興味がないので、タダパソだろうが高パソであろうが、どうでもいいことではある。でも、ソーテックといえばネットでかなり叩かれているメーカーなので、やはり野次馬的な興味を持ってしまうのはいたしかたあるまい。

 まずどうやってソーテックは利益を出すのか。毎日新聞の記事によると次のようであるらしい。
ソーテックが契約件数に応じてNTTグループから手数料を受け取ることで、パソコン代金をまかなう仕組み。

 提供されるパソコンは39,900円相当のものだという。Bフレッツの利用料が月額5,280〜7,380円で、その10%がソーテックへのロイヤリティとして払われるのなら何か月で元が取れるだろうか。
 39,900÷(7,380×10%)=54(か月)・・・約4年半。まったく根拠のない計算ではあるけれど、かなりビジネスモデルとして無理があるような気がしてしまう。本家の「無料PC タダパソ詳細ページ:ソーテックオンラインショップ」に説明はあるだろうか。
■タダパソの仕組み
PC購入時に→OCN光「Bフレッツ」に同時加入していただくと…→PCが0円に!!

 なるほど。

従来、類似のビジネスモデルにあったような「広告視聴の義務、中古PCでの提供、レポート提出の義務、OCN 光「Bフレッツ」以外の商品購入のノルマ」などの負担を強いることが一切ありませんので、本当の意味での“無料PCモデル”です。
(「無料PC タダパソ詳細ページ:ソーテックオンラインショップ」から引用)

「中古PCでの提供…が一切ありませんので」という記述などは、従来のビジネスモデルとは違うんですよという意味で書かれているだけなのだろうけれど、『ソーテックの行為は誤出荷なのか?』などを読むと、裏読みをしたくなる。このサイトは情報としては少々古いので、現在のソーテックがどうなのかは分からないけれど。

 それはそれとしても、このような負担のない無料パソコン提供という試みは初めてらしい。モニタは無料対象ではないから、初心者向けではないんだろうね。部品を取ったり、いろいろ実験をしたりしたい中級ユーザーに受けそうである。

 Bフレッツに加入しなくてもいいのなら、いちど試してみる価値はあるかもしれない。
[PR]
by clocken | 2005-06-15 22:56 | computer
line

思考の空転するままに書くことができたら。


by clocken
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31