mood|oblique

clocken.exblog.jp ブログトップ

400km離れた街に住む君へ

 一年に一度だけメールを出す相手がいる。
 ぼくの勝手な都合で、彼女の誕生日にだけ、おめでとうと言うためにメールを送るのだ。
 彼女と初めて知り合ったのは、NIFTY-Serveという、パソコン通信のチャットルームだったから、もう10年にも及ぶ付き合いになる。
 実際に彼女と逢ったのは、たった一度だけ。ぼくらは直線距離にして400km以上も離れたところに住んでいるのだ。

 400kmという距離を実感することは難しいけれど、単純な算術計算をしてみることは可能だ。徒歩でこの距離を移動するとしたら、時速4kmとして100時間、約4日かかる。オリンピック級のマラソン選手がリレーしながら走ったとすれば、約19時間、カール・ルイスがリレーすれば約11時間。ジャンボジェットの巡航速度なら30分ほど、スペースシャトルのスピードなら50秒である。

 ところで、高度地上10kmほどのジャンボジェットから見た地平線は(他人の計算によれば)約400km先らしい。ちょうどぼくと彼女の距離に等しいことになる。別にたまたまそうだというだけのことなのだけれど、ぼくはこの表現がとても気に入ってしまった。来年彼女に送るメールに書いてみよう。
 普通の人が立ったときの地平線は4km先だという。徒歩だと約1時間、ちょっと走れば30分ほどで着く距離だ。ジャンボジェットも人間も、地平線までかかる時間は変わらないのだ。
 なんか壮大なのか矮小なのかよく分からなくなってきた。

 あれ、なんの話をしようとしてたんだっけ?
[PR]
by clocken | 2005-07-22 23:33 | archives
line

思考の空転するままに書くことができたら。


by clocken
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31