mood|oblique

clocken.exblog.jp ブログトップ

NHKの反撃はまず影響の少なそうなところから始まった

 NHKがおそるおそるという感じで、反撃策を打ち出してきたようだ。
 人気番組(であるらしい)「NHK歌謡コンサート」の観覧を、受信料支払者に限定することを試みるらしい。

 NHK経営広報部によると、視聴者から「受信料を払っていない人が、公開番組の入場に当選するのはおかしい」という声が寄せられたことから、今回限りの試みとして、申し込みを制限することにした。
(引用元→asahi.com「受信料払わない人、公開番組の入場お断り NHKが試行」)


 なんというか都合よく視聴者の声が寄せられたものだとは思うけれど、基本的にはその考えは正しいと思う。NHKの番組が受信料で作られているからには、金を支払わない人は受益できないというのはまあ当然である。ライフラインである電気、ガス、水道(電話も含めてもいいかもしれない)ですら金を払わなければ止められてしまうのだから、公開番組の観覧権が剥奪されてしまうくらいのことはしかたあるまい。

 ただ、問題はその方法である。
 受信料の支払い状況は、当選者を対象に、応募はがきと受信料契約台帳のデータを照合してチェックする。「はがきに書かれた住所や電話番号から確認できる。それで不十分なら、別の方法を検討する」としている。(引用元同上)

 今回は試行ということで、とりあえずこの方法でやってみるというだけなのは分かる。だいたい、いくら受信料不払いが多いと言っても、契約者全体からみればほんのわずかな割合である。公開番組の観覧に応募するくらいの熱心な視聴者であれば払っているだろうし、実際に当選したのに取り消されるという人がたくさん出るとも思えない。しかし原理的には、受信料不払いで観覧を拒否されるということがあり得るわけだ。
 受信料契約台帳との照合によって判断するということは、契約がされているか・受信料が払われているかということのみが問題になるということである。つまり、たとえばTV受像機を設置していないために契約をしていない(完全に合法である)人も撥ねられることになる。親が払っていない世帯の未成年者なども同様だ。また、ぼくのようにNHKは不要だから払わないという確信犯的不払い者と、NHKの不祥事への抗議行動で払わない人と、何はともあれ便乗して払わない人との区別をしないということになる。これはNHKが「信頼を取り戻し、受信料支払いの理解を得るよう努力する」とした姿勢と大きく矛盾していないだろうか。

 NHK歌謡コンサートの観覧なんてどうでもいいけれど、やはりNHKは受信料を単に既得権益としか考えていないということがはっきりと分かる。

記事:
朝日新聞 asahi.com「受信料払わない人、公開番組の入場お断り NHKが試行
毎日新聞 MSN-Mainichi INTERACTIVE「NHK:観覧は受信料支払い者に限定 歌番組で試行
[PR]
by clocken | 2005-08-14 02:19 | archives
line

思考の空転するままに書くことができたら。


by clocken
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30