mood|oblique

clocken.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:computer( 48 )

アイコンが表示されたくらいで喜んでいる場合ではない

a0035543_4132091.jpg iTunesのヴァージョン4.8がリリースされていたのは知っていたけれど、あまりいじっていなくてどこが変わったのか分からなかった。
 朝の忙しい時間にiPod Shuffleを差して曲を転送していたら、デスクトップになにやら見慣れない細いアイコンが。

 おお、ようやくiPod shuffleのアイコンが表示されるようになったんだ。嬉しいね。
 でもなんで最初からできなかったんだい?
[PR]
by clocken | 2005-05-14 04:13 | computer

結果としてデータが失われることもある

 何をいまさらといったくらい古い問題なのだけれど、実際問題として最近直面してしまったトラブルなのだからしかたがない。
 Excel 2003でファイルを開こうとしたら、こういうメッセージが表示された。

a0035543_1665766.gif


 本気で血の気が引くメッセージだ。
 バックアップはすべて取ってはあるけれど、もしこのメッセージどおり「データが失われ」ていたら、大変なことになる。
 Googleで検索してみたところ、Microsoftのサポート オンライン以外の場所で簡単に解決策は見つかった。Microsoft Office 2003のバグだ。サポート オンラインでは文書番号:882231に対処方法が掲載されている。対処方法なんて言ったってただパッチを当てること以外に役に立つ情報などなにもないのだが。
詳細
フリーフォームなどで作成した特定の OfficeArt の図形を含むファイルを、以前のバージョンの Excel で保存した後 Excel 2003 で開くと、次のいずれかの現象が発生する場合があります。
•ファイルを開くことができず、エラー メッセージが表示されます。
•ファイルは開きますが、OfficeArt の図形が欠落し、エラー メッセージが表示されます。
•ファイルは開きますが、OfficeArt の図形が欠落し、その際エラー メッセージは表示されません。

 メッセージの表現も見事なまでにバラバラだ。Microsoftらしいバグであると言える。

 しかし腹が立つのは、このメッセージがひどく深刻な内容を表示しているのにもかかわらず「OK」ボタンしか持たないということである。人間相手の会話に置き換えて考えてみて欲しい。
 友人が水に落としてしまった本を手に持って開こうとしている。ぼくにとって、たいせつな本だ。
「この本を開いたら破れてしまう可能性があるよ」
「OK」
 あり得ない話である。普通は「乾くまでそのままにしておいてくれ」と答えるだろう。ソフトウェアにバグがあるのはある程度まではしかたがないけれど、それを想定して回避方法を組み込んでおくことは可能なはずである。今回のような場合、たとえば「ファイルを開かない」というボタンがあれば、問題は小さくて済む。
 たまたまこれに遭遇したのがぼくだったから良かったけれど、職場の別の誰かだったらパニックに陥っただろう。

 わけが分からないのは、Microsoft Officeの設計だけではない。
 こういった「データが失われた可能性があります」というメッセージを表示するのがMicrosoftでは普通のこととして行われているのかどうかが知りたくて、サポート オンライン上で検索(「高度な検索」)をかけてみたのである。
次の語句に完全に一致する : が失われた可能性があります;
カテゴリ :サポート/トラブル対応/セキュリティ;
サイト : Microsoft.com 全体;
1ページに表示する結果の数 :50個  既定 (10個) にすると最も速く検索結果を表示できます。

 まず設定どおり結果が50個表示される。Googleとは異なり、全部で何件がヒットしたのかは表示されない。ざっとサマリーを流し読みして、ページのいちばん下に「結果 1 - 50 次へ>」とあるので「次へ」クリック。当然「検索結果 51 - 100」を期待するわけだけれど、「結果 11 - 20」が表示されるのだ。さらにその次のページは「結果 21 - 30」である。「1ページに表示する結果の数」というのは「1ページ"目"に表示する」という意味なのだろうか。いったいどういう設計思想を持てばこういうことが起こるのか。

 いつも思うことだけれど、Microsoftの製品を日常使っている方というのは、ほんとうに我慢強い。こんなに使いにくいものが世界で広く使われているという理由が、ぼくにはまったく思いつけないのだ。
[PR]
by clocken | 2005-05-03 16:13 | computer

深夜のくだらな過ぎる投稿(思考力低下中)

 以前からちょっとやってみたかった悪戯が、Windows UpdateにMacから接続してみることだった。
 なんの意味もないけれど、どんな反応が返ってくるのか試してみたかったのだ。
 さて、Safariを使ってURLを入力し、実際に接続してみた。

図1
a0035543_516271.jpg

Windows Update を使用するには、Microsoft Windows オペレーティング システムを実行していなければなりません。

 なんだかひどく冷たく拒絶されてしまった。
 当然といえば当然だけれど、もう少しユーモアというか、余裕のある言い方ができないものか。

 そこで、今度は攻め方を変えて、Windowsの上でFirefoxを使って接続してみる。

図2
a0035543_5182866.jpg

Windows Update を使用するには、Internet Explorer 5 以降のバージョンが必要です。
Internet Explorer の最新バージョンをダウンロードします

 またまた素っ気ない答え(図2のスクリーン・ショットは便宜上Macの画面で取り込んであります)。Windows オペレーティング システムとInternet Explorerはすごく緊密に作られているらしいものねえ。でも、Firefoxを標準ブラウザにしている人も増えているらしいから、それでは不便だろう。
 下の方に別のブラウザを使う場合はMicrosoft ダウンロード センターへ行けと書いてあるので、リンクをクリックする。
 すると、なぜかアドレスバーには「displaylang=en」と表示され、英語表記のDownload Centerへと飛ばされてしまう。
 これはやはり、Windowsを使う人は素直にInternet Explorerを使いなさいということなんだろうなあ。やれやれ。
[PR]
by clocken | 2005-05-01 05:23 | computer

Kanjis

 Macユーザーならご存じ「新しもの好きのダウンロード」で、Pencil Softwareの「Kanjis」というソフトウェアが紹介されていたのでさらに紹介する。

 まず、どういうソフトウェアなのかと言うと・・・作者の説明文を引用する。
Kanjisは、一見、無意味な絵柄が、次第に一つの漢字になっていく様を眺めるソフトウェアです。もしかしたら、パターン認識能力の訓練になるかもしれません。アイコン募集中です。

 そうそう、そういうソフトウェアである。もう他に言うことがない。
 バックグラウンドで動かすと(フロート・ウィンドウだけれど)小さいウィンドウで表示されるので、あんまり邪魔にならない。出てくるのは漢字1文字ずつなので、ぱっと目にした漢字を天啓と考えるのも可能ではないだろうか。
 と思ってぱっと見たら「娼」であった。うーむ。

 さて、動作中のスクリーンショットでも貼り付けるべきなのだろうけれど(実際用意はした)、作者自身が「どんなものかは、実際にダウンロードして、確かめてね」と書いておられるのに、それをいきなり見せてしまうのは良くないよね、やっぱり。
a0035543_22201940.jpg そういうわけでソフトウェアのアイコンだけ貼っておく。
 おっと、そういえばアイコンがないのであった。これはREALbasicで作られたソフトウェアにくっついているデフォルトのアイコンであった。
 前に試用版で挫折したREALbasic、やっぱり今度はちゃんと挑戦してみようかなあ。

 なんか全然ソフトウェアの紹介になっていないので、これにて失礼。
[PR]
by clocken | 2005-04-28 22:22 | computer

Firefoxyのご紹介

a0035543_23545910.jpg Firefoxはとても良いブラウザだけれど、Mac OS Xの上で使うにはちょっとボタン類が無骨すぎるな、と思いませんか? そんなあなたにご紹介するのが「Firefox fancy widget applicator: Firefoxy」です。


a0035543_23554480.jpg

 上図が使用前。
 無骨ですね。例は「Apple Home Page powered by Excite」からです。


a0035543_23561583.jpg

 ちなみに、これはSafariで表示させた例。
 やっぱり洗練されていますね。当然と言えば当然ですが、ブラウザによって表示はずいぶん違うものです。


a0035543_23565723.jpg

 Firefoxyを起ち上げると、「おしゃれにしたい Firefox アプリを選択して下さい。」と頼まれますので、「嫌だ!」とか言わないで素直に選択してあげます。無事に作業が成功すると、心温まるアラートが表示されます。ばんざい。


a0035543_23572115.jpg

 さて、上が使用後。
 少しおしゃれになりましたね。なんかまだ下の方のボタンが大きすぎるような気もしますけれど、使用前に較べればはるかにマシ・・・いや、前がひどかったとかそういうことではありませんが。
[PR]
by clocken | 2005-04-20 23:59 | computer

乗り換えるソフトウェアが見つからない

 動きの速いコンピュータの世界では、すでに旧聞に属することかもしれないけれど、AdobeがMacromediaを買収するというニュースが報じられた。
 Exciteニュース「アドビシステムズ、マクロメディアを34億ドルで買収」には54件ものトラックバックがあって、いまさらぼくが書くことなんてないだろうと思う。だから単なる感想を書く。

 ぼくはPhotoshop、Illustrator、Acrobatを使っているし、Adobeという会社自体は嫌いではない。でも“一社独占”という状況には生理的に嫌悪感がある。まあ、どうしても念頭にあの会社がちらつくせいだろうけれど。

 しかし、出版、Webとパブリッシングの主要なソフトウェアをAdobeが一社で握るということになってしまうというのは、まずい状況である。

 Acrobatはもとからほぼ独占(まあ当然だけれど)状態だし、Photoshopを代替できそうなソフトウェアって言っても思いつかない。とりあえず挙げるとすれば「ACD Systems CANVAS」、「COREL painter」、フリーの「GimP」くらいか。

 Illustratorに至っては笑えない状況である。かろうじて代替できそうなのが「FreeHand MX」であるのに、これはMacromediaの製品なのである。「Fireworks MX」も然り。先ほど挙げたCANVASにはベクター機能もあるけれど、Illustratorと較べられたことすら聞いたことがないものなあ。
 そういえば、「Creature House EXPRESSION」というのがあったのだけれど、よりにもよってMicrosoftに買収され、フリーのソフトウェアにされてしまった。誤動作も多かったし、使いづらいところも多々あるけれど、面白いソフトウェアだったのにね。

 実際、Adobeに金を払わないのがかなり難しくなった。
 Macromediaには、Webパブリッシングは俺たちが引っ張ってきたんだ!というような根性を見せて欲しかった。競争相手に簡単に買収されてしまうとはねえ。
[PR]
by clocken | 2005-04-20 00:11 | computer

幸せの青いマウス

 マウスを選ぶのはほんとうにほんとうに難しい。
 という話を前に繰り返し書いた。今読み返しても、その時の苛立ちと悲しみをまざまざと思い浮かべることができる。ただし、読者は置いてきぼりをくらっているだろう。
 以前の記事。
 ・最後のつもりが、またマウス
 ・「パソコンを覚える」大変さが少し分かったよ
 ・The Mouseが届いた
 ・また懲りずにマウスを購入
 ・マウスの墓場

 昨年の11月にSANWA SUPPLYの Puliteという製品を買ったところで仕事が忙しくなり、マウスをじっくり選んでる暇がなくなった。4月に入ってようやく落ち着いてきたから、そろそろ不満のはけ口をマウスに向けることができるようになったわけである。
 Puliteのいちばんの不満は小さいことだった。しっかりと手首を預けることができず、指先で操作するから、長時間使用していると疲れる。汚れが付きやすいのも問題だ。

a0035543_2065135.jpg 仕事の途中で時間が少しだけ空いたときにマウスのコーナーを覗いてみたら、華やかなマウスを見つけた。KOKUYOのmarimekkoシリーズである。marimekkoはフィンランドの有名な生地ブランド。そのデザインを忠実に再現した、というのが売り文句である。
 ぱっと見て結構気に入ったのだけれど、値段が3,780円と結構なものである。でも、大きさが手にちょうど良いし、クリック感も好みである。形はいたってシンプルで、余計なボタンも付いていない。

a0035543_2074445.jpg 他も物色したが、自分の直感を信じてmarimekkoに決定。6種類あってどれもなかなか良かったけれど、結局職場で使っているiBookにいちばん似合いそうなRuusupuu(ルースプー)を選んだ。ネガフィルムの反転したバラの姿をモチーフにしたという。
 どちらかというとマウスというよりマグカップにしたほうが似合いそうな柄ではある。


 さて、使ってみた感想。
 クリック感:柔らかいのに、反応はシャープである
 重さ:細かい作業をするには、少し軽いかもしれない
 デザイン:意外に周囲と調和する。
 総評:なかなか良い。少なくとも今まで使用した2ボタン・マウスの中ではいちばん良い。これがぼくの幸せの青いマウスなのだろうか。飽きないことを祈る。
[PR]
by clocken | 2005-04-15 20:11 | computer

今日の収穫──iPod shuffle

a0035543_402918.jpg とうとうiPod shuffleを買ってしまった。
 Sofmapに寄ったら、持ち帰りができるというので衝動的に買ってしまった。
 そもそもの起こりは、MOドライヴを購入したことにある。またそれか、と呆れないでいただきたい。またそれなのだ。

 たった1つのディスケットを読み込むために購入したMOドライヴであったが、経理担当者のお許しが出たので、これを経費で落とすことになった。やれやれ。

 さて、約2万円が浮いたのだから、きちんとした形で社会に還元しなくてはならない。
 そこで去年から放っておいて埃をかぶっているVirtual PCの、アップグレード版を買うことにした。メイン・マシンをiMac G5にしたのはいいが、当時のVPCはG5プロセッサに対応していなかったのである。Office 2004が発売になるときに、G5対応ヴァージョンであるVPC 7も抱き合わせで発売されるはずだったのだけれど、相変わらずのMicrosoftは開発遅延。おかげでこっちは買う気が失せてしまった。

 休日出勤の前にSofmapへ寄り、迷わずVPCを買う。迷ったら絶対に買うのやめてしまうものなあ。10,710円なり。なんと心躍らない買い物であることか。しかも店内のヴィデオでは「さあ、あなたもバーチャル・ピーシーを使ってウインドウズを体験してみませんか!」と脳天気な声が繰り返している。そういう状況でVPCを買うのはとても恥ずかしい。
 とぼとぼと1階への階段を降りているとき、ふと店に入るときに見た光景が脳裏に浮かぶ。
「iPod shuffle緊急入荷!!」
 瞬間細密記憶!
 いや、そういうことではなくて、iPod shuffleの現物があるってことじゃないか。ぼくは少し明るい気持ちになって、iPodのコーナーへ行く。店員に聞くと、512MBモデルも1GBモデルも持ち帰ることができるという。浮いた金は2万円、VPCが約1万円だったから、あと1万円が残っている。
 512MBモデルなら10,980円、1GBモデルは16,980円。当然1GBでしょう。
 そういうわけで、今ぼくの目の前にはiPod shuffleの1GBモデルがすでにイアフォンのケーブルにからまれて転がっているのである。
 早速「オートフィル」で曲を自動的に転送してみた。iMac G5のUSBポートに差すと、なんとなく体温を測っているようだ。
 自宅のMacで取り込んでいるiTunesのファイルはAAC オーディオファイルで、ビットレートは256kbpsと結構高めにしている。これをそのまま転送するとあまり入らなくなってしまうが、そこはさすがにiTunesで、shuffle用に128kbpsに圧縮して転送するというオプションが付いている。そのせいか、転送は少々時間がかかる。
 263曲で988.5MB。なかなかきっかりと入れてくれる。
 さて、明日も休日出勤だ。iPod shuffleをお供に連れて行こう。

a0035543_423260.jpg ああ、そういえばVPCのことだけれど、起動したらいきなり17個もアップデート・ファイルがあってうんざりした。前のヴァージョンに較べたらずいぶん動作が速くなったが、まだまだ満足がゆくほどではない。ウェブ・サイトの見え方を確認するくらいなら、という程度であった。
[PR]
by clocken | 2005-03-21 04:03 | computer

今日の収穫──MOドライヴ

a0035543_19171441.jpg なぜにいまさら?という感じもするのだけれど、MOドライヴを買った。しかも640MBで4,500rpmという、スペックも少々はてななもの。LogitecのLMO-PBS645U2という製品。ビックカメラ渋谷東口店で19,800円であった。

 さて、ここで基本的な問題は、ぼくがまったくと言っていいほど八つ当たり的な理由でMOが嫌いであることと、多少は筋の通った理由によってビックカメラ渋谷東口店が嫌いなことである。

 ぼくは、ディスケットを入れ替えるのが苦痛なほど面倒くさがりなので、現在はすべてストレージにハードディスクを利用している。しかし、以前の一時期、ZIPを使っていたことがあった。フロッピー・ディスクが一般的だったあの頃、100MBの容量を誇るZIPは、とてつもなく素晴らしい技術だと思っていたのである。
 ところが、どんなに不便な技術であろうと多数派なら偉いと思っているようなWindowsユーザーの一人に、「なぜにZIP(^_^;? MOのほうが一般的じゃない?」と全角英数字で言われたのだ。その一言でぼくはMOが嫌いになった。

 ビックカメラ渋谷東口店については、行ったことのある方になら嫌いな理由が分かっていただけると思う。簡単に言えば、狭くて汚くて陳列が分かりにくく、駅から近い以外にこれと言って取り柄もないくせにいつも混んでいて、置いてあるコンピュータがシステム・エラーを起こしている率が高いからだ。

 しかし、不思議な巡り合わせによって、ぼくはビックカメラ渋谷東口店でMOドライヴを買うことになった。ほんとうに人生というものは分からないものである。

 すべての始まりは、取引先の人からMOのディスケットを渡されたことにある。今までは資料をもらうのはファクシミリ、紙、Emailへの添付などなどであった。しかし、今回は資料が膨大なのでそれらでは難しく、ディスケットによるやり取りが適していたのである。「うちではMO読めないんですよ」と答えるのも悔しかったし、下手に「できればCD-Rに入れてください」などと答えると「うちではCD-Rは焼けない」と言われてどうにもならなくなりそうだったので、笑顔でディスケットを受け取った。時間の都合でどうしても渋谷でしか寄り道ができず、そこで一番近いのがビックカメラ渋谷東口店だったというわけであった。

 でもまあ、使ってみればMOもそんなに悪くない。自分の用では使わないけれどね。
[PR]
by clocken | 2005-03-20 19:21 | computer

案の定だぜ、cinomix

 しばらくチェックを怠っていた「AQUAZONE」のサイトであるが、久しぶりに見てみたら、「AQUAZONE VISUAL EDITION 水中庭園」の発売開始が告知されていた。
 2月11日の発売だそうで、予想どおり、たった2種類である。しかもなぜかハイブリッド(Mac/Windows)。
→AQUAZONE総合情報サイト AZ-TV 「HYBRID リーフフィッシュ・ジュエルフィッシュ 2005年2月11日(金)発売開始!!
a0035543_22124233.jpgAQUAZONE 水中庭園 HYBRID リーフフィッシュ
価格:2,940円(税込)
熱帯魚【海水魚】
カクレクマノミ/クマノミ/ルリスズメダイ/ヨスジリュウキュウスズメダイ/ミツボシクロスズメダイ 計5種類
水槽セット 計4種類
 新設計のAIエンジンにより、魚たちは決まった動きはしません。国民的人気キャラクターとなりつつある「クマノミ」や美しいスズメダイたちの、サンゴ礁に集まる可愛らしい姿が存分に堪能できます。


a0035543_22125666.jpgAQUAZONE 水中庭園 HYBRID ジュエルフィッシュ

価格:2,940円(税込)
熱帯魚【淡水魚】
グッピー(レッドモザイク/ブルーグラス/キングコブラ/ドイツタキシード/レッドテールタキシード)エンゼルフィッシュ(エンゼルフィッシュ/ブラックベールテール/ハーフブラック)/ネオンテトラ 計9種類
水槽セット 計5種類
 新設計のAIエンジンにより、自由に泳ぎ回る魚たち。宝石のように美しい3D熱帯魚の競演が楽します。(原文ママ)

 (以上、上記サイトより引用)

 シーラカンスはない。オウムガイが良かったんだけどなあ。がっかり。

 やっぱりcinomixだと再確認。もういいよ、Mac版作らなくて。心おきなく利潤を追求してください。
[PR]
by clocken | 2005-02-08 23:02 | computer
line

思考の空転するままに書くことができたら。


by clocken
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30