mood|oblique

clocken.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:music( 6 )

いったいいくつイアフォンを買えば気が済むのだろうか

 ポータブルなミュージック・プレイヤを持ち歩くとき、みんなはイアフォンのケーブルをどうしているのだろう?
 ときどき駅のホームなんかで、からまったケーブルを不器用にほぐしている人を見かける。鞄や服のポケットに無造作に入れておくとからまってしまうのは当然だ。

 ぼくは歩きながら音楽を聴くのがどうも性に合わないので、電車の中や時間合わせの時などにだけ聴くのだけれど、その場合、イアフォンをどうやってしまっておくかがいつも問題になる。

a0035543_513434.jpg そこで、こんなケーブル引出式のイアフォンを買ってみた。iPod shuffleに差し込むとどっかの漫画の死に神第何号かみたいで変に愛嬌がある。軽くひっぱるとしゅしゅっとケーブルが引っ込むので手間いらずだ。なかなかよい。たしか(最近仕事が忙し過ぎて記憶が曖昧である)有楽町Sofmapで買った。

 パッド部分がやや大きめで外れやすいのが難点ではあるが、ポケットにラフに入れておけるので重宝するよ。
[PR]
by clocken | 2005-03-31 05:15 | music

多段キーボード

a0035543_3395093.jpg 2ボタン・マウスでは残念ながら墓場行きという結果になったが、MacMiceのMIDIキーボードには期待できるかもしれない。
 Appleの製品で「GarageBand」という音楽ソフトウェアがあるのだが、それに最適化したMIDIキーボードとして発売されるのが「GarageKey」である。12月12日出荷開始、価格は119.99ドル。


a0035543_340575.jpg 残念なことにピッチベンド、モジュレーションのホイールは付いていないが、あくまでも入力用と割り切ってしまえばこれでも構わないはずだ。37鍵とはいえフルサイズだし、なんといっても脚がついていて、その下にタイピング用のキーボードをしまえるのがいい。MIDI入力用としてはM-AUDIOのKeystation 49eを持っているのだけれど、やはりそれなりに大きくて、ぼくの小さな机ではいっぱいいっぱいになってしまう。設置が面倒なので、つい弾くのが億劫になっていた。GarageKeyは机の上に置きっぱなしにしても邪魔にならないかもしれない。ほんとうはもっと大きな机に換えればいいんだけど。

 ただ気になるのは、写真で見ると安っぽい作りなんだよな。微妙に歪んでいるように感じるし。
 でもきっと自分は買ってしまうに1,000点。さらに倍。
[PR]
by clocken | 2004-11-28 03:44 | music

CCCDが廃止の方向へ進みはじめた

エイベックスはCCCDの採用を商品ごとに決定することにし、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)はレーベルゲートCDを全廃することを検討し始めたとの記事。
MSN-Mainichi INTERACTIVE

a0035543_15295776.gifはっきり言ってエイベックスやSMEが出している楽曲なんて興味がないけれど、あの醜悪なマークのついたケースが店頭から減るかもしれないというだけでも嬉しい。

エイベックスやSMEが自らの権益を守るために姑息な手段を使うこと自体を簡単に否定することはできない。レコード会社は良質な音楽を提供することを目的としているわけではなく、楽曲をできるだけたくさん販売して利益を上げるのが仕事だから。
違法コピーするバカが減ったり、iPodユーザーが増えたりしたことで状況が変わってきたからそれに対応する、というのは企業としてまっとうな考えである。

しかし、ここからアルバムを出している演奏屋はどうだろう? 自分の演奏した楽曲がデータを改変され、音質を落とされて販売されることに、何も声を上げなかった。

漫画を例に取ったら分かりやすいかもしれない。コピー防止のために紙の全面に住民票や印鑑登録証明書のような地紋を入れ、あちこちにすかし状の絵を入れたとする。もちろん絵も台詞も見にくくなり、コピーを取れば真っ黒になってしまう。こんなことをされて黙っている漫画家がいたら、信用できますか?

レコード会社の金がなければアルバムは作れない。ほとんどのアーティストはそうだろう。しかし、「だからレコード会社の決定には絶対逆らえない」というのは、アーティストの言うことではないんじゃないか。そんなのただの演奏屋だ。

CCCDが廃止の方向へ進んでいるときに、蒸し返しのような議論をしてもしょうがない。
でもエイベックスやSMEからアルバムを出している演奏屋は、音楽家としてのプライドがどんなものかをはからずも露呈してしまったことは覚えておいたほうがいいと思うよ。
[PR]
by clocken | 2004-09-18 15:30 | music

本日の収穫、アルバム2枚

まずは楽しみにしていた、宇多田…じゃないutadaの「EXODUS」。
a0035543_1311073.jpg
今日はちょっと早めに帰宅できたので、早速iTunesに取り込む。

もうすでにCDDBに登録されてる。早いなあ。
ついでに言っておくと、最初に登録する人は、もっと慎重にデータを入力して欲しい。
誤字脱字は日常茶飯事で、そのうえ勝手にタイトルを端折ったり、全角英字で入力してあったりして、結局全部1字ずつ見直すはめになることが多い。このアルバムでも、3曲目が「EXDOUS'04」(正しくは「EXODUS '04」)になってたぞ。

肝心の中身だけれど、まだ1回通して聞いただけで、感想を書けるほど聴いてない。やはり「宇多田ヒカル」を期待して聞いたから、ちょっと違和感はある。なにか、すっとは心に入ってこない感じというか。でも、もともと最初に宇多田ヒカルの歌を聞いたときもそうだったし、それなのに今は好きで毎日のように聴いているわけだから、音楽の第一印象なんて当てにならない。どっかで聞いたような音楽のほうが、ぱっと聞いたときに受け入れやすいのだから。
現時点で無理して褒めたり貶したりするより、しばらく聴いてみよう。



で、もう1枚は、なぜかStardust Revueの「LOVE SONGS」。
a0035543_1312881.jpg
去年の小田和正さんのライヴ「クリスマスの約束」に、根本要さん(Stardust Revueのヴォーカル)がゲスト出演し、「木蘭の涙」を歌ったのだ。すごい良かった。やっぱり根本さんは巧いと思う。

で、そのうちこの曲の入ったアルバムを買おうと思っているうちに、すっかり忘れていた。今日ふと思い出して探してみたところ、このアルバムを発見したのだ(ちなみにこれはセレクション。オリジナルでは「SOLA」に入っているらしい)。

残念ながら「木蘭の涙」は、ライヴのほうがずっと良かった。
いつも思うのだけれど、Stardust Revueは、曲のアレンジで損をしているんじゃないかなあ。コーラスが大きすぎてヴォーカルの邪魔をしていたり、弾けたドラムが雰囲気を台無しにしたりしている。いい曲も多いし、根本さんの声も好きなのだけれど、アルバム1枚聴くのは結構つらい。
[PR]
by clocken | 2004-09-09 02:12 | music

こんどのライヴは、チケット取れないかもなあ

今日の収穫。

●宇多田ヒカル/Utada Hikaru in Budokan 2004 (DVD)

実はこのライヴ、行きましたよ。初日に。奇跡的にチケットが取れたのだ。
でも、あまりにもひどい席だったので、宇多田さんはちっちゃく他人の間からしか見えませんでした。

こんな顔して歌っていたんだね。
帰宅したのが9時過ぎていたのに、思わず最後まで観てしまいました。
またライヴ行きたいなあ。

●Minmi/imagine

Minmiは聴いたことがなかったのだけれど、2曲ほど試聴して、思い切って購入。
今日のところはiTunesに取り込んだだけ。
[PR]
by clocken | 2004-07-29 02:26 | music

CCCDは必要か?

著作物の違法ファイル交換に関する状況には、常々苦々しい思いをしている。
特に腹立たしいのが、CCCDだ。

違法にファイルを交換するヤツが悪いのは確かだが、著作者の権利を守るなどと正義を振りかざすヤツも、その心根の腐り具合は変わらない。

音楽用CDでないのに、CDショップで売られているのはなぜだ?
ユーザーのことを少しでも考えるなら、再生機器を限定する音源など、恥ずかしくて販売できるわけがない。一部のCDプレーヤーでは再生できない場合があります、などと堂々と断るその厚顔無恥ぶりには、ひたすら恐れ入るばかりである。

ぼくは、CCCDを1枚も持っていない。
CCCDで販売されることを拒否しない制作者(アーティストとは呼びたくない)が作った音楽など、聴くに値しないと思うからだ。
そういう意味では、CCCDに腹を立てるのは間違っているのかもしれない。買わない人間には何も言う資格がないからね。
[PR]
by clocken | 2004-07-24 16:33 | music
line

思考の空転するままに書くことができたら。


by clocken
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30