人気ブログランキング |

mood|oblique

clocken.exblog.jp ブログトップ

CCCDが廃止の方向へ進みはじめた

エイベックスはCCCDの採用を商品ごとに決定することにし、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)はレーベルゲートCDを全廃することを検討し始めたとの記事。
MSN-Mainichi INTERACTIVE

a0035543_15295776.gifはっきり言ってエイベックスやSMEが出している楽曲なんて興味がないけれど、あの醜悪なマークのついたケースが店頭から減るかもしれないというだけでも嬉しい。

エイベックスやSMEが自らの権益を守るために姑息な手段を使うこと自体を簡単に否定することはできない。レコード会社は良質な音楽を提供することを目的としているわけではなく、楽曲をできるだけたくさん販売して利益を上げるのが仕事だから。
違法コピーするバカが減ったり、iPodユーザーが増えたりしたことで状況が変わってきたからそれに対応する、というのは企業としてまっとうな考えである。

しかし、ここからアルバムを出している演奏屋はどうだろう? 自分の演奏した楽曲がデータを改変され、音質を落とされて販売されることに、何も声を上げなかった。

漫画を例に取ったら分かりやすいかもしれない。コピー防止のために紙の全面に住民票や印鑑登録証明書のような地紋を入れ、あちこちにすかし状の絵を入れたとする。もちろん絵も台詞も見にくくなり、コピーを取れば真っ黒になってしまう。こんなことをされて黙っている漫画家がいたら、信用できますか?

レコード会社の金がなければアルバムは作れない。ほとんどのアーティストはそうだろう。しかし、「だからレコード会社の決定には絶対逆らえない」というのは、アーティストの言うことではないんじゃないか。そんなのただの演奏屋だ。

CCCDが廃止の方向へ進んでいるときに、蒸し返しのような議論をしてもしょうがない。
でもエイベックスやSMEからアルバムを出している演奏屋は、音楽家としてのプライドがどんなものかをはからずも露呈してしまったことは覚えておいたほうがいいと思うよ。
by clocken | 2004-09-18 15:30 | music
line

思考の空転するままに書くことができたら。


by clocken
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30