mood|oblique

clocken.exblog.jp ブログトップ

今の紙クズだって読むだけなら楽しい

a0035543_2125567.jpg 渋谷PARCOのLIBROをうろうろしていたら、面白そうな本を見つけた。
『日本の紙クズ』野島寿三郎資料収集・編著、ピエ・ブックス
 5,800円はちと痛かったが、ぱらぱらと見ただけでも値段以上の価値があると思えたので、買ってきた。
 とにかく見ているだけでも飽きない。劇場パンフレットに始まり、映画・劇場のチラシ、広告チラシ、楽譜の表紙、貼り紙などなど、債券まである。よくもまあ、これだけ集めたものだ。古いものでは大正時代まで遡るので、中には紙がぼろぼろだったり落書きがしてあったりするものもあるけれど、おおむね綺麗に残っている。


 資料価値は高いのだと思うが、基本的には単に「紙クズ」を並べてあるだけで、説明らしいものはほとんどない。そうなるとこちらは紙に書かれていることを苦労しながら読むことになる。ほとんどが旧漢字・旧仮名遣いで書かれていて読みにくいことこの上ない。チラシの中には候文のものまである。
 でも、面白いなと思ったのは、昭和20年前後のもの。旧漢字・旧仮名遣いが改められた混乱期であったためだろうけれど、横書きのものが右から読むものと左から読むものがあったり、同じ文章中で旧漢字と新漢字が混じっていたりする。現在でもコンピュータの漢字コードが混乱しているように、いつの時代でも言語は難しいものなのだ。

 さて、その中でもなかなか素晴らしかったのが次の展覧会案内チラシ。1926(大正15)年8月の“作品”。
命を大事と思ふ方は是非一度はご覽下さい

參考品の中には金杉博士秘藏の各國人種の生
首及十八貫目の(大きんたま)其他珍らしい
ものが澤山あります。
----------------------------------------------------------------
 ◎可愛らしい子供の人形
 ◎美しい婦人の人形
 ◎いろゝゝな病氣の容體
----------------------------------------------------------------
 札幌衛生大展覽會
----------------------------------------------------------------
 ◎お子供さんの育て方
 ◎病氣豫防の方法がわかる

◎會場 札幌中島私立高等女學校
-----------------------------------------------------------------
後援 北海道廳衞生課

 (大きんたま)に思わず大笑い。
 しかも会場が女学校だからね。なんだか主催者の趣味の悪さ(いや、ぼくはそういう趣味の悪さは好きですが)を感じる。
 でも、なんで括弧()に入っているんだろう。気になる方は括弧の中は読まないでください、ということだろうか。
 それに大きんたまの陰に隠れて目立たないけれど、「各国人種の生首」というのも凄い。生首を見て「命を大事と思」いなさい、というのもなかなか腹の据わった教育だと思う。
[PR]
by clocken | 2004-12-13 02:16
line

思考の空転するままに書くことができたら。


by clocken
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31