mood|oblique

clocken.exblog.jp ブログトップ

大麻より危険なもの

 Internet JOURNEY, UK Todayに、「大麻より危険!? テキスト・メッセージや電子メール、過度の使用は知能指数の低下に!」という記事があった。

 ロンドン大学のグレン・ウィルソン心理学博士が会社員1,100人を対象に調査を行ったところ、メールを送受信する際のIQは通常よりも10点低くなっていることが判明したという。
その理由としては、現在集中しなければならないことがあるにもかかわらず、常に「スタンバイ状態」となっているコミュニケーション機器に集中力が妨害されてしまうためとされ、脳が一度に多くのことを処理しきれず、その結果すべての行動の生産性が下がってしまうと分析されている。(同記事)

 大麻を吸っているときのIQは通常よりも4点低くなるということから、この記事は「大麻より危険」とタイトルを付している。調査結果自体を記事から云々するつもりはないけれど、IQが知能テストとしての信憑性が曖昧なのに、「メールは大麻より有害である」と取れる過激なタイトルを付けるのは良くない。なんだか「ゲーム脳」だとかと同じ匂いがする。
 自宅でも仕事関連のメッセージをチェックしなければ気がすまないという人は全体の62%。電子メールの返信は「すぐ」、またはできるだけ早く行うという人は50%で、そのためなら会議の中断もいとわないという人は21%となり、こういう通信機器中毒の人々を研究者らは「インフォマニア(infomania)」と命名。このような人は若者よりも年配者に多く、人との会話などを中断してまで携帯のメッセージをチェックするのを「失礼な態度」とみなす人は89%にものぼっていることから、「インフォマニア」は自分の知能だけでなく、周囲の人間関係における自分のイメージまでをも犠牲にしているばかりか、ひいてはビジネス面にも深刻な悪影響を及ぼすことになると指摘された。(同)

 ぼくの周囲では年配者でメールに夢中な人ってあんまり見かけないな。若者には電車の中でもなんでも携帯を握りしめて離さない人が多いけれど。年配者は傍若無人に通話している人をよく見る。イギリスは状況がずいぶん違うようだ。
 会議や人との会話を中断してまでメール・チェックするような人は、周囲からは失礼な奴だと認識されるだろう。しかし、場合によっては非礼を詫びてでもメールをチェックしなければならないこともある。きちんとした仕事をしている人なら、そういう時にもきちんと対処できるだろうと思う。逆に(メール・チェックをすることで)忙しい振りをしているだけの人間のところには仕事は段々回ってこなくなるだろう。
 結局は仕事の進め方の問題なのではないかなあ。

 あんまり関係ないけれど、インフォマニアはnymphomania(女性の色情症)の洒落でしょうね。いろいろうまいこと名付けるもんですねえ。
by clocken | 2005-04-24 23:16
line

思考の空転するままに書くことができたら。


by clocken
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31